ホームページへ
診療科目等のご案内です
表示中です
医院施設内のご案内
みつばクリニックの場所です
表示中です
テレビ出演
リンク集です
心臓カテーテル検査から冠動脈CT検査

《第27回》

新型インフルエンザ・・・その対策




いよいよ、和歌山でも新型インフルエンザの集団感染などの報告が多くでてきました。感染予防、治療、家族が感染したら、そしてワクチンは・・・

● まずは、予防 ・・・

 やはり従来どおり、手洗い、うがい、マスクの着用です。ただ、今期中に日本人の5人に1人、小学生などは半数近くが感染すると予想されています。なかなか絶対的な予防策はないのかもしれません。



では、感染が疑われる症状(急な発熱、関節の痛み、のどの痛み、咳やたん)が起こったら ・・・

 電話でご連絡下さい。受診していただく時間を指定させていただきます。マスクを着用して受診してください。


感染が確認されたら ・・・

 抗ウイルス薬であるタミフルやリレンザ(吸入薬)を処方いさせていただきます。今のところ耐性(抗ウイルス薬が効かない)の報告はごくわずかです。症状にあわせて、抗炎症薬、抗生物質を併用することもあります。
ご家族が感染したら、患者さんは別の部屋に、マスクを着用、看病する人を限定して、基礎疾患をお持ちの方には予防的なタミフルの投与(保険適応外)も選択肢です。

● ワクチンは? ・・・

 新型インフルエンザのワクチンは、今期は10-20%程度の人に接種できる程度しか確保されないようです。接種の優先順位の素案も発表されました。それに伴い従来からの季節性インフルエンザのワクチンの数も例年の80%程度になる予定です。ワクチンの情報は随時お伝えします。



● 二次性細菌性肺炎の対策は ・・・

肺炎球菌ワクチンの接種(自費)が有効です。
基礎疾患(特に呼吸器系の疾患)をお持ちの方はご検討下さい。

病気の話 目次へ


お問い合わせはこちらから
記載されている文章、画像データ等全ての情報を、みつばクリニックに無断で転記することを禁止します。
本ページの著作権・肖像権は、みつばクリニックに帰属します。